pattern-example.gif

ライフ ニュース

夜食べると太る!夜10時〜2時魔の時間

知っていましたか!

なんと!

夜遅く食事をすると太るのは遺伝子によって組み込まれていたためです。

一日の生活リズムを刻む体内時計を調節するタンパク質「BMAL1」が、脂肪の蓄積に深くかかわることを、日本大学薬学部の研究グループが突き止めた。

このタンパク質は大半が夜に作られ、「夜食は太る」との通説が科学的に証明されそうです。

また、遺伝子操作によりBMAL1を作れなくなったマウスが、エサを大量に食べても脂肪を蓄積できないことなどを発見しました。

さらに、BMAL1の量は、午後10時から午前2時にかけて一番増加し、一番少ない午後3時ごろの約20倍に達することも判明しました。

無理なダイエットをするより夜の食事を控えるのが一番のダイエットです。

チェックはこまめに

【AITEC】アイテックMA-266体組成ヘルスメーター

毎日research日記

毎日、皆さんに役立つ情報を紹介していきたいと思っていますので
ランキングの応援お願いします!

関連記事
朝食抜きはデブのもと!
夜食べると太る!夜10時〜2時魔の時間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6771002
この記事へのトラックバック
遺伝子 ダイエット
肥満遺伝子チェックするため検査のキットです   購入はこちらからですよ  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   【TVで話題の肥満遺伝子!自宅で簡単にチェック!自分を知って自分..
ブログ名遺伝子ダイエットって???


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。